雑記 標準車

車のこととか、日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

輸入車ショー

輸入車ショーを見に行きました。

会場に行ってまずびっくり!中庭に2台のランボルギーニが!
中庭は中古車展示場になっていました。去年はそんなの無かったのにな~。

中古車コーナーの目玉車、1380万円のディアブロと2380万円のムルシエラゴ。この手の車って、仮に手に入れても、車に似合うオーナーにはなかなかなれそうにないですね。ちゃんと操れる腕が無いとかっこ悪い。必死な形相を見せるのは恥ずかしい。上品な佇まいだけど目立つからちゃんとした格好で乗らなきゃなんないだろし。ブランドにすがる形で街乗りオンリーで使うのが平和なのかもしれないけど、狭い高級車って扱いじゃ車に失礼だと思うし。あらゆる意味で困る車だと思います。


奥に進むと2代目のロータスエリーゼがありました。ドアを開けるとえらい幅の広いサイドシルが目につきます。幅広なだけじゃなくて高さもあるから乗り込みにくいです。ロールケージのサイドバーに箱型のカバーを被せてあるような感じ。
中はフロアトンネルが無いので、なんか開放的です。助手席とちょっとしか離れていないため、社外の椅子への交換はサイズを選びそう。
ノーマル状態の割にとっても好みな内装だったので、欲しくなりました。ステアリングをあんまり切らずに走らせれたら、相当気持ちよさそうな車だと思いました。


エリーゼの近くにMGFと、そのマイチェン版のMGTFがありました。MGFは親近感の持てる車です。値段が安くありふれた存在であったなら、絶対わが愛車のような乗り方をしてただろうな、と思わせる親近感です。これでPCDが普通に100とかだったらもっと売れたろうにな~。ハブ周りを直して1500くらいのエンジン積んで白ナンバーのビートとしてホンダが売ってくれればいいのに。うーん書いてたら猛烈に欲しくなってしまったw


あと中古コーナーで目についたのはパンダの四駆でした。FF車と違って四独サスなのにびっくり。車高下げてもホーシングがずれないから、シャコタン好きにはぴったりかもね。パンダは初代が好みだけど、四駆版はちょっと気になるなあ。


中古で印象深かったのはこれくらいかな。



長くなるから、続きはその2で書きます。
  1. 2006/02/11(土) 23:02:22|
  2. | コメント:0
<<輸入車ショーその2 | ホーム | タイヤ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

△433ー9216▽

Author:△433ー9216▽

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。