雑記 標準車

車のこととか、日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひとりあそび2

え~バイトで乗った車の簡単なインプレッション、その2です。

トゥデイ
2代目かな?角目の、GA2によく似た型のAT車です。くたびれた外観。こんなんで物件案内されたくないなあw

夜中、車を引き取りに行った時、雨が降ってました。当然、ワイパーを動かす。……( ̄□ ̄;)!! 間欠モードがない……!オフ、遅い、早い!の3つしかありません。おいおい…w しかも特徴的な一本ワイパー、なんか動きが変。ワイパーアームの角度が立ってきた辺から、動きがヤケに俊敏な気が…。こんなもんなのか?ちなみにウォッシャーは枯れてました。

走り出そうとレバーを動かすと…「キン♪」なんか金属音が一瞬聞こえた??なんじゃ??
バックに入れると「キンコン♪キンコン♪」と警告音が鳴るしくみでした。警告音、鐘かよw いやホントに、電子音じゃなく、小さい鐘を鳴らしてる感じ。笑っちゃいました。癒されはしませんでした。

走ってみてまず感じたのが、アクセルに対するレスポンスの悪さ。トルコンの滑りの関係か、半クラ時間がヤケに長いようなフィーリング。一旦速度が乗ってしまえばそんな違和感は無かったので、発進時のトルクの細さを補うセッティングのひとつなのかもしれません。しかしもうちょいスパッと発進して欲しいな。

曲がった感じは、横の窓から見える地面が近く思えます。ガラスがデカイせいかな。流れていく地面を見ながら曲がるのは気分がいいです。近くに地面が見えたからかもしれないけど、低重心な気がします。最近の軽には無い低重心感が心地よく、これはアリだと思いました。

内装に関しては、古さ、車格相応のモノ…としか言い様がないです。簡素なつくりで、エンジンの音とかあまり遮ってない感じ。でっかいフロントガラス故、前方の視界には開放感があります。この見え方は嫌いじゃないなあ。



この車は全体に「手入れされて無い低年式車感」が溢れてました。そんな中でも感じたコーナリングの心地よさ。このまま各部をアップデートしてリメイクしたら、かなり良いんじゃないかと思いました。ライフみたいな軽ばっかりにしちゃって、ホンダは惜しいことしたかもね。



プレオ
NAのCVT車。走行6800キロ。こんな新車みたいなんでバイトしていいのか?(笑)
結論から書くと、バイトで乗った車の中で一番良かったです。新しい分当然ではありますが。

CVT。ヴィヴィオと違いクリープ現象が出る。残念…。普通のATみたい。きっとヴィヴィオのが不評だったんですね。エンジンはヴィヴィオよりスムーズかな。悪くないです。

この車に乗って一番驚いたのがコーナリングです。何がびっくりって、リアサスが沈むこと!これぞ4独サス!ビバスバル!
ヴィヴィオの時は感じなかったサス形式の違いが、高重心のプレオになると顕著に出た印象です。具体的にいうと、ハンドルを切って車がロールした時、ワゴンRやムーブより低い位置で傾く感じです。
スターレットやデミオくらいまでの小型FF車と比較して、プレオは同じFFながらFRチックに傾きます。コーナリング中のギャップには間違いなくプレオの方が強いでしょう。
ただデミオやスターレットにも利点があり、フロントが沈み込む分、「切れ込む」という表現がぴったりな、エグるような感覚の反応が楽しめます。いつもの山でインテ/シビックとスターレットを乗り比べた時に感じる「動きの軽さ」の一因として、この切れ込み感があるんじゃないかと思います。スターレットにフル乗車してもインテの安定感は出ない。重さは感じても同じ動きに近づかないのは、傾き方の違いではなかろうかと。
ステータスとしてのサス形式の違いではなく、動きとしてのサス形式の違いを実感し考えさせられたプレオのサスには、本当に感動しました。

とまあえらい褒めてますが、感動したのは形式による動きだけで、セッティングは常にフワフワしてるヘニャヘニャなサスでした。細かなロールに対する修正舵を当てて、おつりきて、それに当てて…どんどんロールが大きくなってしまう、そんな感じのサスでした。ショックが抜けてたのかな?これが標準なら速攻交換したいところです。

内装は、質は良いです。でもちと設計が古いかな。ドリンクホルダーが無い。コラムシフトなのにパーキングブレーキがサイドにある。足踏み式ならベンチシートにできたのにね。こういう細かいところに微妙な設計の古さを感じました。



最初に書いたとおり、なんやかんや言って一番良い車だったので、足車にするならプレオがいいな。他の部員と共にいろいろ乗り比べて、サス形式による違いを一緒に考察してみたいものです。



ミラジーノ
初代ミニに似せた、アレです。NA、AT。
乗ってみると、視線が妙に高いです。トゥデイやヴィヴィオといった軽乗用より、ワゴンR/プレオに近い感じです。外観からのミニのイメージとは違うその高さにまず驚きました。

走り出す。なんかエンジンの振動が大きいです。内装が振動でカタカタと音を立てます。たまたまこの個体がそうであるだけでミラが全部そうだとは思いませんが。エンジン音なんかは内装でかなり抑えられてるだけに、カタカタ音は残念でした。

加速は、さすがは4段AT。トゥデイやワゴンRの3速AT車とは違いきびきびしています。実用充分な感じ。

上記のプレオに乗った後のせいか、かなり気にしていたコーナリングですが、やはりリアリジッド形式では沈まない感じです。傾きはしますけど。

サスの固さはちょうどよかったです。視線の高さから想像したのより全然フラフラしないし。この辺りはやはり軽乗用だな、と思います。軽ミニバンだとこうはいかないかと。

この車、フロントフェンダーの端が見えるので、狭い路地を走るときに良い目印になってよかったです。

大人4人が普通に乗れるし、実用車としてこれで充分な感じがひしひしとしてきます。同じボディで1000ccを積んだ珍車もラインナップされてたらしいですが、解るなあ。普通にいい車だと思います。



そんな感じ。

バイトに限らず、いろんな機会にいろんな車に乗ってみたいな。
  1. 2006/03/14(火) 21:20:40|
  2. | コメント:0
<<パズル | ホーム | ひとりあそび>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

△433ー9216▽

Author:△433ー9216▽

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。